「関西のカーポートデッキ施工(中川木材産業)」のホームページ紹介

木のサイト
お住まい
生活全般
ビジネス
趣味
旅行
建築、ブログ
グルメ・食品
ネットショップ
教育・ボランティア
その他

家具


その他、様々なwebサイトをご紹介します


関西のカーポートデッキ施工TOPへ戻る  相互リンク申込みフォーム(別ファイルが開きます)

ウッドデッキ  ちょっと一息、ウッドデッキと木の豆知識

○アメリカ人の大工さんと日本の大工さんの違い


アメリカやカナダは多民族が集合して出来た国家ですので、仕事をする際に分かりやすく、又、初心者でもすぐにベテランに近い技量を発揮できるようにする必要がありました。そのため、物事を機能で考え合理的に処理すると言うことが一般的になり、建築の方法やシステムは日本とアメリカではかなり異なります。又、実際に作業しているところをストップウォッチを持って計測すると日本の大工さんが正味仕事をしている時間は一日の労働時間の内、概ね20%ぐらいですが、アメリカの大工さんはこれが2倍の40%働いています。これは日本の大工さんがサボっていると言う意味ではありません。
例えばベニヤ板を壁に貼ると言う作業の場合、本来、大工さんに期待する仕事はベニヤ板を壁に打つと言う作業であって、幾種類ものベニヤ板の中から探したり、それを運んだり、さらに道具を探したりと言うのは無駄な作業です。つまり、日本の大工さんの作業には無駄が多くコストが高いと言うことになります。しかしこれは大工さんのせいではなく、日本では工法や材料が合理化されていないので、種類が多すぎたり、日本では一人の大工さんが最初から最後までするところを工程ごとに専門の大工さんが来るシステムを取っていたり、それぞれの仕事もチームワークですることによる建築全体のシステム問題です。そのため日本の住宅の価格はアメリカの2倍になっています。さらに住宅の耐用年数は日本の住宅はアメリカの半分しかありませんし、破壊試験をすると日本の住宅はアメリカの住宅の強度よりも劣ります。さらに驚くことは日本の大工さんの技量は世界中で一番と言う優秀な技能であるのにこうなっていることです。別の言い方をすると日本の大工さんの素晴らしいところはノミとカンナを使いこなせるところであり、アメリカの大工さんの素晴らしいのはノミとカンナを使わないで済ますところだと言えます